報道関係者各位
プレスリリース
2017年9月29日
株式会社ポケットマルシェ

ポケットマルシェ、ユーグレナ・メルカリと資本提携
総額1億8千万円の第三者割当増資を実施、食の生産者ダイレクトコマースを加速

全国の農家・漁師がスマホから出品するオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(岩手県花巻市:代表取締役 高橋博之)は、株式会社ユーグレナ(以下、ユーグレナ)、株式会社メルカリ(以下、メルカリ)、PNB-INSPiRE Ethical Fund 1(以下、PIEF)を引受先とした第三者割当増資を実施し、総額1億8000万円の資金調達を致しました。

【「ポケットマルシェ」について】
「ポケットマルシェ」は、全国の生産者と会話しながら直接食材を買えるオンラインマルシェです。
https://poke-m.com/

「ポケットマルシェ」の出店者は100%が農家もしくは漁師。旬の今だけ、数量限定、規格外など、今まで流通に乗らず地元でしか味わえなかったような食べものが並ぶ、「スマホの中のマルシェ」です。新経済サミット2017ピッチイベントで優勝するなど注目を集めています。

【第三者割当増資の目的】
「ポケットマルシェ」は2016年9月のサービス開始以来、「生産者と消費者を直接つなぐ」ことを理念に、農家・漁師から直接買える食分野のC2Cサービスとして運営を続けてきました。利用生産者は330名を超え(2017年9月時点)、その全員は審査を経たプロの生産者です。生産者には、出品から管理、顧客とのコミュニケーションまでスマホ一つで完結するスマホ業務アプリと、配送伝票が自動的に届けられる仕組みを提供。個人販売を始めたい、加速させたい生産者の販売プラットフォームとして成長を続けてきました。

この度の増資により、「ポケットマルシェ」のサービス改善および利用者拡大施策を展開。あわせて割当先と事業連携や共同事業を行い生産者と消費者のダイレクトコマースを加速させます。ユーグレナおよびメルカリとは、サービス連携などの手段により、より多くの消費者に生産者直送で食材を届ける施策を推進します。PIEFとは、PIEFの運営に参画しているPNBグループ(マレーシア最大手政府系投資会社)のネットワーク等を活用し、アジア圏への日本食材販売を推進します。

【株式会社ポケットマルシェ概要】
会社名: 株式会社ポケットマルシェ
所在地: 岩手県花巻市藤沢町446-2
事業内容:食のC2Cサービス「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営
代表者名: 高橋博之

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ポケットマルシェ:本間(080-4612-7700/homma@poke-m.com)